優梨のiiブログ

GLOBAL STYLE -a leading provider of image consulting services
*http://www.globalstyle.info*
代表イメージコンサルタント高野優梨のBLOG
<< シングルマン | TOP | 見たことないものは想像できない >>
笑顔にハッ
先日「おいしいよ」と紹介されたタイ料理屋に行った時のことです。
ドライバーさんに住所を伝えタクシーで店の前に降ろされたものの・・・
“知る人ぞ知る”的な店の外観に恐る恐る店の扉を開けた私でした。

 

店内に一歩踏み入れ、上目づかいで店内を見渡す私は
厨房の方からラフなTシャツ姿で出迎えてくれた
二十歳前後の店員さんのこぼれんばかりの笑顔と目が合い、一瞬にして安心感に包まれました。

「よかった、一見さんでも歓迎ね。」 その後も彼の笑顔には躊躇がなく、くったくなく、私をすがすがしい気持ちにさせてくれました。
その店員さんは、
だいぶ明るめの茶髪が“仕事よりも、仲間とたむろしていることのほうが好きそう”なちょっとやんちゃな若者のイメージ。

そんな若者がイヤイヤ(もしくは淡々と)仕事をするのではなく

他人へくったくのない笑顔で接する姿は新鮮で意外でとても印象的でした。

 

相手の出方を窺わない自然な笑顔。

自分を魅力的に見せるためのポージングとしての笑顔ではなく、他者を温かさで包む力を持つ笑顔。

 

笑顔の絶対的な効果を彼に教えられ、私も、もっと、もっと笑顔の人になりたいと純粋に思ったのでした。

 

 

結局会話を交わすうちに、彼はタイ人だったということが判り(タイ料理屋だから、十分あり得る話なんだけど)なぁ〜んだ〜、どおりでねー、と納得。

タイと言えば“微笑みの国”と呼ばれ、海外旅行者はタイに訪れると彼らの笑顔に惹きつけられ自らも思わず笑顔になるほど笑顔が満載の国の若者でした。

 

 

そんなわけで私をちょっぴり感動させ、ちょっぴり感慨深いほどに笑顔について考えさせた彼のスマイルはmade in Japanではなかったけど、

こんな笑顔が日本中に溢れるといいなと思いました。

 
ご近所さんとすれ違う時、社内でどなたかとすれ違う時、工事現場の前を誘導されて通過する時etc.

「ご挨拶しようかな・・・」、「無視されたら嫌だな・・・」

相手の反応や出かたを伺って躊躇してしまいがちだけど

むしろ寂しげだったり、無表情で不機嫌そうだったり、そんな人にこそ笑顔のプレゼントは大きな大きなしかも無償のギフトです。



先月訪れたハワイで、帰国の日の朝に現れた虹。
その美しさにハッと息をのみました。


骨格診断で自分に似合う服・ファッションを -GLOBAL STYLE グローバルスタイル-
- | 12:20 | author globalstyle | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする