優梨のiiブログ

GLOBAL STYLE -a leading provider of image consulting services
*http://www.globalstyle.info*
代表イメージコンサルタント高野優梨のBLOG
<< “迷ったときはやる”がポリシー | TOP | I got EXTRA for you! Fashion's Night Out T shirt >>
時として反応に困ることも起こります
8月の初めにWashington D.C.へ旅行に行ってきました!


Washington D.C.へはN.Y.からAmtrak電車で3時間半くらい。

車内でWashington D.C.について事前勉強をするベビ

アメリカの生活にも慣れ快適な毎日を過ごしている私ではありますが、やはり日本とは文化の違うアメリカ。
時として反応に困ることも起こります。
それはWhashington D.C.へと向かう電車内でのこと、大音響でアップテンポの音楽がどこか近くから聞こえてきます。
横を見ると(イヤホンからの音漏れさえがマナー違反の日本では考えられないことですが)隣の席の黒人のおじさんが、ポータブルDVDでマイケル・ジャクソンのライブ映像を楽しんでいます。大音響はそのスピーカーから流れていたもの。
前の席に座っていたカップルに
「マイケルの音楽、いいでしょグッド」と言わんばかりに、得意気な笑顔を送っていましたが、彼女は迷惑そうな表情で彼と顔を見合わせています。

確かに誰もがマイケル・ジャクソンの死を悼んでいるとは思うけど
電車内で大音響は、ちょっと押し付けがましいんでないのパクッ?
と内心苦笑しながらも、私は外の景色を楽しんでいたら、視線を感じ振り向くと・・

えぇー!やめて〜〜!
黒人のおじさん、DVDプレーヤーの画面を自分ではなく、思いっきり私に向けているではないですか。
画面の先にいるのは、横並びに座っている私だけ。つまり彼がマイケルの映像を私に見せてくれているのは確実。

いったい、いったい!
この状況、私はどんなリアクションをとればいいのぉ〜〜?
だれか教えて〜〜ムニョムニョ

やっぱり、ここはマイケルの曲に合わせて、ノリノリになるべき?
頭を上下にフリフリするべき??
(おじさんはそうしてるし)

そんな私の戸惑いもつゆ知らず、おじさんは「ほれ、ほれ」と言わんばかりにプレーヤーを持つ腕をさらに私の方へと伸ばしてくるけど
いやいや、ムリだから〜〜GO!
そんなことしてくる人、日本にはいませんからぁ〜〜

日本では起こりえない出来事に、リアクションの準備がまったくできておらず大変困りました。はい。。。

さて!そんなこんなでWahington D.C.に無事到着。
ホテルでしばし休んだ後、ナイトバスツアーに参加するためタクシーを拾い、ツアー出発場所へと急ぎます。出発時間が差し迫っていたため、内心焦っていた私。

これまた、そんなこともつゆ知らずのタクシードライバーが
横から車線変更してきたトラックを自分の前に入れてあげた後

「俺はグッドドライバーだろ。普通、車が入って来ようとしたら前につめて入らせないようにするものだけど、おれはスピードをゆるめて入れてあげたんだ。俺はグッドドライバーだ。」

・・・・。
日本でタクシーの運転手さん、絶対にこんなこと乗客に言いませんよね。もし、そんなことを言ってくる運転手さんがいたとしても何と答えていいのやら。
反応に困ります。
「そうですね。グッドドライバーですね」
そんな感じの返事で勘弁してもらえるでしょうか。


先日、メイクアップアーティストのMitch(Mitchについてのブログはこちら)のもとで知り合った友人とランチをしていたらメイクの本を取り出して見ていたので
「見せて」というと「いいよ。汚さないように気をつけてね。返さなきゃいけないから」というので「借り物なの?」と聞くと

「今朝必要だったから買ったんだけど、帰りがけに店に返品するからさ」とのこと。
そのメイク本(KEVYN AUCOIN "Making Faces"は私は以前に買って既に持っていて、とてもいいメイク本だと思っていたので意外に思い(RECOMMEND欄に載せておきました→)

「え?そうなの?気に入らなかったの?」と聞くと
「違う、違う。持って帰るの重いからさ。だから今日は使ったら店に返して、この本は家の近所の本屋でまた買うわ。すごくいい本だよね」
「・・・・・・・・。」(反応に困る私)

持ち歩くのは重いから、使う場所の近くで買って、使ったら返して、家の近所で買いなおす。。。
その発想なかったーーーーーーーーーーーーたらーっ拍手

そんな感じで、時として日本人の私には反応に困ることも起こるアメリカですが、きっとアメリカ人が日本に来ても、別のパターンで反応に困ったりしているのでしょうね。

Washington D.C.では美術館や博物館が多いので、
社会化見学の学生達を多く見かけましたが

この女の子↓小学生にしておしゃれのセンスがすばらしい。
・全体をすっきり見せるテクニックの袖のまくり具合が絶妙
・インナーの白とオレンジの見せ具合(胸元&裾からの分量)が絶妙
・スカートの柄から1色を取ったオレンジのトップスの色選びが絶妙




ランチの後、友人のKathia(カティア)にメイクをしてあげました。
私がメイクをする前のカティア↓


メイクをするにつれ、カティアのパーツが輝きだし、オーラがどんどん出てくるのがわかります。この反応は世界共通ラブ
メイクの仕上がりをミッチに見せたら
“Perfect!!Nothing to say, Yuuri!
「完璧だよ!!何も言うことなしだよ、優梨!」
とのコメントを頂きました!メイクもイメコンとしての私の仕事ですからねっ嬉しいおまかせあれグッド


次回のブログはI got Extra for you!とMitchのおススメメイクアイテム(Bronzer)のご紹介です!
- | 22:37 | author globalstyle | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする