優梨のiiブログ

GLOBAL STYLE -a leading provider of image consulting services
*http://www.globalstyle.info*
代表イメージコンサルタント高野優梨のBLOG
<< ママのストレス★東京VSニューヨーク | TOP | 人類みな親戚?! >>
求めよ、さらば与えられん
「今日のこのファッションにはあの腕時計だな・・」
そう思って革ベルトの腕時計を手に取ると、時間がくるっていた。
ありゃりゃ、電池交換してもらわなきゃだ〜。

はて、はて?でもどこに行けば電池交換ってできるのだろう?
日本のように電器店に電池交換コーナーは見当たらないし、
メーカーやブランドの垣根を越えた腕時計専門店もあまり見かけない。
どこで電池交換してもらえるのか、さっぱり検討がつかない。

あきらめて、別の時計にしようかな・・。
でも、今日のコーディネートにはこの腕時計がいい。
けれど、これをはめて出かけても、1日時間がわからず電池が止まったまま家に持ち帰ってくるだけ?

「でもどこかには、時計の電池交換をしてくれるところがあるはず!見つけた時のためにも、今日はこの時計を着けて出かけちゃおう!」

そう思って外に出て歩くこと5分



ええっ!これって誰かの仕込みか?!
「腕時計修理、電池交換」
という看板がいきなり目の前に現れた。
その手作り感いっぱいの看板には、腕時計の電池がぎっしり貼り付けられていて、電池を換えてくれる意気込み200%だ。

小さな店内に入るべく、ベビーカーからベビを抱き上げようとしていると、中から店のおじさんが出てきてくれた。
電池交換をした腕時計とお釣りを外まで持って来てくれた。

求めよ、さらば与えられん

かくして、使うことを一瞬あきらめかけた腕時計は
いとも早々に息を取り戻し、その日1日活躍を果たした。

どこで交換できるかわからないし・・と諦めて置いてこなくてよかった。
きっとどこかで交換できるはず・・と腕時計を持って来てよかった。



先日、アメリカのイメージコンサルティング会社Global Image Groupのトップであり、友人でもある女性に

今NYに来ていることの報告と
出産の報告と
ベビがいても、仕事は大好きだからバランスをとって仕事もしていく方針の報告をした。


仕事と子育ての両立は難しいだろうか?
体力的に大変だったり、周囲に迷惑をかけてしまうだろうか?

いえ、いえ!
私は子育ても楽しみたいし
イメージコンサルタントとしての仕事も迷いなく続けます。
むしろ、ベビがいるからこそ説得力のある仕事だってあると思う。


報告の数日後、Global Image Groupが経営するイメージコンサルタントスクールから
母としての私と、イメコンとしての私がセットになった仕事のご依頼がやってきた。

If it’s possible to have you come and talk to the SSA NY class about your career as an image consultant and personal shopper I would appreciate that. You can even bring your baby and discuss working and having a child if you like?
イメージコンサルタントとして、パーソナルショッパーとしてのキャリアについてNYのクラスで話してもらえたら有り難いです。よろしければベビーをお連れ頂いて子育てと仕事の両立についてお話しというのもいかがでしょう?


求めよ、さらば与えられん
喜んでお受けします!!

考えるべきは

 できそうかどうか? ではなくて 
 得られそうかどうか? ではなくて

 自分はどうしたいのか? です
 自分は何が欲しいのか? です


自分に正直に求めましょ。
あきらめずに求めましょ。

そして、求めて実際に行動に移しましょ。
得られるようにちょっとでも努力してみましょ。

難しそうに思えても
求めて、行動に移せば案外与えられることが少なくありません。
あきらめて、求めず何もしなければ得られるはずのものも得られないまま。
 
『求めよ、さらば与えられん。
尋ねよ、さらば見出さん。
門を叩け、さらば開かれん』


新約聖書「マタイによる福音書」より


今日のスイーツー♪
これまたご近所の(こだわり派)スーパーマーケットELI'Sが出しているアイスクリーム屋さん



NYに来た際には是非ご賞味あれ!(3rd Ave. & 80th St.)
待っているのがおじさんなのがカワイイNY

3rd Ave & 80th St
- | 11:48 | author globalstyle | comments(9) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
えええええええええ!


それってそれって・・・。



ま、9月に!
2009/06/21 7:54 PM by Kanako
ゆうりせんせい。こんにちは。
去年の講演会でお話を聞かせていただきました。
先生のとってもパワフルでかつ女性らしいところがとても素敵でファンになりました。
初めてのメールですが、少しアドバイスをいただけたら・・・と思いメールしました。
先生の講演でグループの各々の第一印象を言い合う・・・という時間がありましたよね。そこで私はある人から「他人の嫌なことをズバッと言いそう」「子供に厳しく叱る」などの言葉をもらいました。それ以降、その言葉が気になって「そんな風にみえるのかなぁ・・・」と自信をなくしています。
先生も、お仕事でプライベートでなど、自分自身に自信をなくしてしまわれたときは、どんな気持ちを持って 前に進まれましたか?
アドバイスいただけたらうれしいです。
2009/06/21 8:45 PM by まき
これ、今の私にビンゴ!な言葉でした。
ありがとうございます。
2009/06/22 10:48 AM by さり
まきさん

自分が望むことと異なることを他人に言われて
自信をなくしてしまうこと、ありますよね。
わかります。
私もそんな時は「あ〜やだやだ自分〜〜」って落ち込みます。

そんな風に自信をなくして落ち込んだとき
わたしはいつも自分へする質問があります。
あたかも魔法使いであるかのように。

「そのこと(落ち込む原因となった出来事)がなければよかったかい?そのことが起こる前に戻してあげようか?なかったことにしてあげようか?」


例えば
講演会の感想アンケートに
「○○な内容を期待していたが、××な内容で残念だった」と書かれていたとします。
たとえお一人の意見だったとしても、気にしちゃいます。
自信なくして、落ち込んじゃいます。

例えば
初めてお会いした方に
「お写真で拝見していた時は“上からものを言いそうな人だな”と思ってました」とか言われちゃったとします。
が〜ん、じゃあきっとみんな実はそう思ってるよぉ〜、
とショックです。

そんなことを言われなければ、自信を無くすことはなかったのに。
こんなもやもやした自己嫌悪みたいな感情に苛まれずにもすんだのに〜〜。

そんなとき、
ウジウジモヤモヤちゃんの自分に質問をしてみます。

「じゃあアンケートを読む前に戻してあげようか?
自分の写真の印象を聞かなかったことにしてあげようか?落ち込む出来事、なかったことにしてあげようか?」

そう聞かれると

そうやって落ち込まずにすんだとしても
事実を自分がしらずにいることになるのは・・
もっと嫌かも。

今回、自信をなくしたとしても
次回の講演では○○な内容も加える努力をして、
よりよい講演にできたほうがいい。

今回、ショックを受けたとしても
このまま今のプロフィール写真で意図しない印象を与え続けてしまっていたより、
イメージ通りの写真になるよう、撮りなおすきっかけをもらえてよかった。

そんな風に思えてきます。


かなり落ち込んだけど、もしかしてこれって不幸中の幸いだった?
これって、実は前進する、自分を向上させるきっかけやヒントだった?

そんな風に思えてきます。

じゃあどうしたら、もっといい写真をとれるかな・・。
表情がきつすぎたかなぁ。
講演で○○も話すとしたら、××さんの協力が必要だな。
久しぶりに連絡とってみようかな・・。

そうやって
気づけば、落ち込みから脱して
自分の足りない点や至らぬ点を克服すべく
行動に移っている自分がいます。
2009/06/22 1:51 PM by
すごい!かっこいい!
赤ちゃん連れでSSA NY classでお話しするなんて。
あこがれちゃいます。

また是非ブログに載せてください〜。
2009/06/22 3:28 PM by Sayaka.Oi
ゆうりせんせい アドバイスありがとうございました。

”克服すべく行動に移る”

そうだっ!
今の私に足りないのは”行動”だっ!

もやもやしていましたが、思いきって相談してよかったです。
がんばるぞ!
求めよ さらば与えられん  ですね!!
2009/06/22 7:35 PM by まき
yuuriです。

まきさん、いい感じ!そうです“行動”です!

さりちゃんも進むべし!

Kanakoさんも、自分の本当の望みに正直になるべし!

Sayakaさん、NYclassでのお話は8月を予定しているので、またブログでご報告しますね〜。
2009/06/22 10:11 PM by yuuri
求めよ、さらば与えられん。
いい言葉だ。
できるかどうかではなく、自分がどうしたいのか?
まったくその通りだな。そんな20代だったな。
無茶苦茶だったけど最高だったし、誇れるな。
「それをやって、他人にどう思われるか?」なんて心から外してしまえば、、逆に自分も相手もよく分かるしな。
それはファッションも同じかな。
まぁまたそんなネタのランチ楽しみにしてます。
2009/07/11 10:30 PM by yAsu
yuuriです。
yAsu、本当20代は言いたい放題、やりたい放題な感じでステキな大好きな時代のひとつだよね。
秋にはまた日本へ一時帰国するのでランチしようね。
2009/07/12 9:19 AM by yuuri
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.globalstyle.info/trackback/1304928
トラックバック